三栄メディカルケア|リハビリデイサービスソレイユ|デイサービスグランドソレイユ
川本 大作(かわもと・だいさく)
合同会社三栄メディカルケア代表
川本鍼灸整骨院院長
柔道整復師、鍼灸師
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 会員
公益社団法人 日本脳卒中協会 会員
 
行岡保健衛生学園行岡整復専門学校を卒業し、柔道整復師に。また、明治東洋医学院専門学校を卒業後、鍼師・灸師になる。その後、小松原畠中整骨院で畠中宰治先生に師事。2007年に独立し、岩出市野上野に川本鍼灸整骨院を開院。2014年にリハビリデイサービスソレイユを開業した。

Q & A

~合同会社三栄メディカルケア 川本大作代表インタビュー~

 
なぜ柔道整復師が介護事業を始めようと思ったのかその思いに至るまでの経緯と共に教えて下さい。
今から十数年前私がまだ柔道整復師として駆け出しのころ、修業先の整骨院から療養型病院へ週に数回3年間ほど研修に行かせて頂いておりました。その病院では入院患者のリハビリや鍼灸などを行っておりました。また、外科では骨折患者の整復・治療・リハビリにも携わらせて頂きました。

療養型の病棟をまわり、寝たきりの患者様の拘縮予防やリハビリも行っておりました。

まだまだ、駆け出しでしたので、今思うとあの時、あの患者様にはこうしとけばよかった。今ならこんなことが出来たのにという反省があります。

しかしそのようななかでも、ある時お見舞いに来られた御家族様が私に、「先生、うちのおばあちゃん、もうあかんかな。このまま寝たきりになるんかな。と思ってたけどちゃんと骨接いでもらってその後リハビリしてくれて今では自分で服も着替えられるようになってる。よかったよ。ありがとう」とおっしゃって頂いたことが今でも思い出されます。その後は、和歌山市の健康維持・リフレッシュ事業にも参加し各自宅をまわり、患者様と接してまいりました。なかには担当者会議にも出席し現状の報告なども致しました。

その後、岩出市野上野の当地で鍼灸整骨院を開業させて頂き地域医療に少しでも貢献できればと、邁進してまいりました。

修業時代から一貫して感じていることは、医療、特に柔道整復師が扱う療養費は限定的であり外傷の専門家ではあるが、外傷を引き起こす原因に関しては手が出せないということがあり、限界を感じておりました。

「この患者さんはリハビリやトレーニングを行えば転倒のリスクが減らせるのにな」「この手の骨折も足が弱っていて転倒したから起こったわけで、まず転倒しないようにリハビリ・トレーニングをしていればこのような怪我は回避できたのに」など外傷の前後には、思いがあるのに出来ない、制度上の問題に疑問を感じておりました。

では、今の制度で自分が出来ること、少しでも貢献できることをしよう。その思いからリハビリに特化したデイサービスを立ち上げる運びとなりました。
 
 
 
リハビリって理学療法士さんが専門じゃないの? 柔道整復師がすることのメリットって何か教えて下さい。
やはり柔道整復師としての一番の特徴「診る力」ですね。みるには「見る・観る・視る・看る」とか色々ありますが、「診る力」診断・判断力だと思います。利用者様の状態把握力に関しては、日々、患者さんから理学所見を取り診断・判断し治療その後のリハビリを指導している経験が生かせています。全体の動きの把握からなぜそのような動きをするのか、どこが障害となりこの関節、筋肉が弱っているのか。そのことでどのような障害・外傷が起こる可能性があるのかなど診ることでそこから出来るだけの情報を取り対応できるということです。また、疼痛コントロールという観点からも、痛みを残さない、痛みを作らない対応が出来ます。運動器系疾患が専門ですからね。

理学療法士の方は、もちろんリハビリの専門家です。柔道整復師にはない多数のすばらしい、技術、知識をお持ちです。また、脳梗塞後の後遺症などにも素晴らしい成果を上げることでしょう。ですから私の理想としては、今現在当施設には看護師はおりますので今後、理学療法士・作業療法士・あん摩マッサージ師など各専門知識・経験・技術をもった機能訓練の集団を構築していきたい。それが、利用者様、御家族様、地域のためになることだと考えています。
 
 
 
利用者様・御家族様の介護に対するお考えや思いもおありだと思いますが、リハビリデイサービスソレイユを利用することでどのようなメリットがあるのか教えて下さい。
メリットというか、1つは医療と介護の連携ですね。機能訓練、運動など今まであまり身体を動かすことが無かった利用者様に対して、また持病を抱えておられる利用者様に対しても安心してご利用頂けると思います。そのために、本来なら小規模デイサービスですので人員基準には看護師は入っておりませんが、当施設ではリハビリ・運動をメインとしておりますので体調把握・管理、急変にも対応するためベテランの看護師が常勤職員としております。

もう一つ、先程もいいましたように、「診る力」個々の状態を把握し適切にリハビリに導く力を持った柔道整復師が機能訓練を行うということですね。かゆいところまで手が届くみたいな感じですか。
 
 
 
リハビリってよく聞くけど、本当に以前のようになるの?
柔道整復師は運動器系の専門家ですからピンポイントでリハビリ・運動の指導が出来ます。しかしながらやれば皆以前のようになるのかというと、例えば、脳梗塞ですが、発症から処置までの時間でも変わってきますし、発症部位によっても差があります。また急性期のリハビリがどれだけの効果をあげているかでその後の効果も変わってきます。ですので、はっきりいって未知数です。しかし、前向きな気持ちと、以前のように、旅行に行きたい。孫の結婚式に出たいなど希望と目標をもってリハビリを行うことにより少しづつでも前進できるように最大限協力させて頂きたいと思います。
 
 
 
「診る力」が柔道整復師が行うリハビリに必要ということは解りましたが、では具体的にどれほどのものなんですか?
もちろん、個々の差というのはあります。私個人でいうとやはり修業時代の経験がベースにあり、開業して以来、何千人という患者様を診させて頂いたという経験でしょうね。
色々な症例に当たり生きた知識、技術としてあることが「診る力」になっているんだと思います。

その他にも、10年程前から縁がありボランティア救護として和歌山で開催される陸上競技の大会、例えば日本グランプリ(オリンピックや、アジア大会の選考会も兼ねている大会)や、マスターズ陸上(35歳以上の大会)などで、オリンピック出場選手から70歳、80歳のベテラン選手など様々な選手と交流を持たせて頂きました。

その中で感じたことは、アスリートにはアスリートであり続ける条件があり、またベテラン選手には何歳になっても人生を楽しみながら競技が出来るんだなということです。介護とは関係ないだろうと思われる方もいると思いますが、個々が身近な目標を持ちそれに向かって楽しみながら頑張る。この気持ちがリハビリデイサービスを利用される利用者様のモチベーションとして根付いてくれればと思います。
 
 
 
今後はどのような介護事業をしていきたいですか?
まずは、リハビリデイサービスで地域の利用者様、御家族様の少しでもお役にたてるように、リハビリや運動をもっと充実させていきたいですね。今後は各専門スタッフも揃えて、個々の利用者様に対して、綿密なリハビリを組み立て協議しながら少しでも回復にむかえるようにしていきたいですね。

また今後は、当施設で地域の交流やイベント、体操教室など出来ればうれしいですね。

今はリハビリに特化した施設ですが、地域の利用者様、御家族様のニーズと要望に答えられるような、多種多様なメニューを用意した施設も今後創っていきたいというのが目標です。
 
 
■リハビリデイサービス 
 ソレイユ 
和歌山県岩出市野上野97
TEL:0736-79-3626

ご利用者様定員20名
お互いに顔が見えるアットホームなデイサービスです。
経験豊富な看護師、介護スタッフがサポートさせて頂きます。
運動器系のプロによる個別の機能訓練特化型
専門スタッフと最先端の機材をご用意。
御利用者様一人ひとりの体調に合わせて、じっくり丁寧に指導させて頂きます。
半日型のリハビリ
午前・午後、それぞれ約3時間の滞在サービスですので、お気軽にご利用して頂けます。(お食事・入浴・レクリエーションはございません。)

こんな方にオススメ!!

◎自分のことは自分で出来るようになりたい!
◎もっと身体を動かして充実した生活を送りたい!
◎脳卒中後遺症などで、リハビリが出来る所を探している



■デイサービス 
 グランドソレイユ

和歌山県岩出市野上野98-3
TEL:0736-67-7625

ご利用者様定員20名
お互いの顔が見えるアットホームなデイサービスです。経験豊富な看護師、介護スタッフ、機能訓練指導員が全力でサポートさせて頂きます。
疾患に応じた個別の運動プログラム
専門スタッフ・最先端の機材をご用意。ご利用者様ひとりひとりの体調に合わせて、ゆっくり丁寧に指導させて頂きます。
一日型のデイサービス
一日を通し、運動だけでなく、心身共に元気で笑顔になって頂けるようお手伝いいたします。入浴・お食事(昼食)あり。

こんな方にオススメ!!

◎コミュニケーションを増やしたい!
◎運動したいけど方法が分からない!
◎もっと充実した一日を過ごしたい!
◎自分で出来ることを増やしたい!